アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
kaiteki-seikatu
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
最近のインターネット
快適生活の中にインターネットは欠かせなくなった。今ではなんでも分からないことがあると、インターネットで検索してしまう。  しかし、今度遊びに行く地域のお店情報を調べようとパソコンに向かうと、長時間居座ることになる。探したい店などがなかなか出て来ないのだ。特に地図情報の表示には時間が掛る。各店舗のHPをひとつひとつ見てマップ情報をまた開く。非常に時間がかかり、その内飽きてきてしまう。こんな経験をお持ちの方は結構いるのではないだろうか? 少々インターネットに嫌気がさしてきた昨今、これは面白いと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/18 14:35
ライブドア問題について
株相場も漸く活況を呈してきたかに見えた昨今になって、1年も前の出来事を何故、今頃出すのだろうか?あの時大損した人も漸く立ち直り、これから改めて取引と思う頃に、遅ればせながらと強制捜査が入るのは、場の悪い冷や水であり、株相場を一気に冷やしてしまい、一時的に復活すると思われた勢いも、相場の不信感を再起させ、再び立ち上がるのに長期間を要するようなことになる恐れも感じられる。何故、1年も遅れてから動き出したのか、強制捜査に踏み切った当事者からその経緯を投資する人々が納得するレベルまで掘り下げて詳しく公表... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/01/21 11:41
快適暖房
寒い冬のキッチンは料理を作っていると足が冷えてくるものです。 そこで、キッチンの長さに応じた長いホットマットはいかがでしょう。また、狭い場所で横になった時に暖めてくれるのにも細長いホットマットは重宝します。そんな、快適暖房を探して見るのも快適生活を求めるためには必要で楽しい事です。 SANYO ホットマット(ブルー) DM-N10E(L) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/29 01:10
選挙は過ぎて仕切り直し
選挙は過ぎて仕切り直し  いよいよ国会が動き出しましたが、先の選挙は国民の意思がはっきり出た選挙でしたね。何故に自民党が圧勝したか?それは、民主党ばかりではなく、他の議員の方々も同様ですが、きちんとした政策も出さずに、世の中を変えようという活動にただ反対している議員の方々がいやになったからでしょう。今の日本、なんでもいいから、兎に角現状の停滞した経済を活気付けて欲しいのだと言った気持ちが反映されたんでしょう。「改革を止めるな!」といったスローガンはまさに時勢を見抜いたはっとする言葉でした。  そうです、今、みんなが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/22 17:03
明日はいよいよ投票日!
明日はいよいよ投票日! あつい選挙戦がいよいよ今日で終わり、明日は投票日。これまでの生活を振り返り、こうあるべきだと思う想いを、いよいよ政治に反映すべき時が来つつあります。誰を、どの政党を選ぶかはそれぞれの思うところがあるでしょう。でもその根拠は、今後の快適生活を実現してくれそうなやる気のある人・政党であって欲しいもの。変に権力を握りたいとか、批判ばかりしても物事は進展も改善もしません。物事をどのように改変し進めるかをより具体的に実現する人たちを政界に送り出すことが重要なのです。そう言ったアイデアのある人を選びましょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/10 12:20
整理はどうすべきか?
仕事や家事でものを整理するのは大切なテーマ。整理をしなければ、仕事や家事はものが氾濫して継続できません。この整理にはいろいろな方法があります。一般に売られている整理用品にもいろいろなものがあり、迷う。そんな時、快適さを追求する思考を働かせて、「快適な整理方法とはどういったものだろう?」と自分に問いかけてみて、具体的に想像し、自分に一番合った整理方法を見つけるべき。もっと詳しいことは「快適生活を求めて」(豊崗仁平著 新風舎から出版)という本に書いてあります。一度読んでみては。参考になることが色々書... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/08/30 10:42
発明のきっかけ
発明のきっかけ 発明の第一歩は日常生活の中から。日ごろ生活していて、ちょっと不快になることがあれば、それが種。その種を蒔くがごとく、快適な場合を考えてみると、おもしろいアイデアが浮かんでくるものです。それを栽培するがごとく、具体化の思案をしてみると、何故か心はウキウキしてくるものです。ゆううつな天候も、どっかに行ってしまい、やる気満々な自分に気づくものです。そんな活動の参考になる本が出ました。本の名前は「快適生活を求めて」 豊崗仁平著 新風舎出版です。一度、じっくり読んでみては。参考になります。(ほとんどの本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/28 08:35
新しい雇用システム
新しい雇用システム 会社を経営する時、困るのは人の使い方。多くの人が欲しい場合もあれば、余り要らない時も出てくる。そんな時に便利なのが派遣業。でも派遣業が盛んになると、雇用が不安定になり、年金制度などの基盤がガタガタになるのは広く知られていること。ここに着眼して、改善する方法などを書いた本がでました。本の名前は「快適生活を求めて」豊崗仁平著 新風舎版 です。経営者の方や政治家の方に読んで頂きたい一冊。世直しの役に立ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/18 10:54
「夏休みは楽しい!」について
「夏休みは楽しい!」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/12 16:33
夏休みは楽しい!
自分の好きなことが出来る夏休み。夏は暑すぎて勉強がやりにくいから休みにしているが、学校が休みの時って何故楽しいの?それは自分の好きなことが出来るから。それから、旅行やドライブや海水浴など遠出ができるのもあるね。 でも夏休みが終わりに近づくと憂鬱になってくる。なぜ? 学校が始まるから。夏休みの宿題が残っているから。と皆、こどもの頃からその感じを経験してきている。そういった学校生活はクラスの友達とのふれあいや学習活動の中で、快適なことも不快なこともあわせ持つ人と人が複雑に絡み合う場所でもある。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/12 16:32
「「郵政民営化は改革の試金石」について」
「「郵政民営化は改革の試金石」について」について 改革なくして明日の日本はない。自民党の反対議員だけじゃなく野党にも否決にした責任がある。彼らは、大半の国民の気持ちを読めない。増税すればいいと思っているのは大きな間違いだ。税を食う郵政を改革すべきだったのだ。残念。与野党を問わず、反対議員には国会から去って欲しいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/08 23:22
「郵政民営化は改革の試金石」について
「郵政民営化は改革の試金石」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/08 22:58
郵政民営化は改革の試金石
今回、郵政民営化法案が否決されたのは、郵政懇話会に国会がしてやられた結果であるとも言える。しかし、この法案は赤字運営する郵政を改革しようとする小泉内閣と自民党に対し、何のアイデアも出さない野党とわが身優先の郵政議員グループ及び目先の了見に捕らわれた議員達が反抗し、否決にしてしまった法案であるとも言える。反対した彼らは、苦しい生活を強いられているわれわれ国民をないがしろにしている。反対することで面目が保てる郵政議員、ただ反対して自分達の政党の数を増やそうとする野党グループ、彼らには国民がやって欲し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/08 22:51
「郵政民営化は国民の大半が賛成しているはずだ」について
「郵政民営化は国民の大半が賛成しているはずだ」について 国民のつらい現実を認識しないで反対している議員達は、改革が出来ない議員達だ。彼らは自分達が今ある安住の立場を維持しよう必死で反対している。そんな議員達に国政は任せられない。次の選挙の時には、与党野党を問わず、反対する議員達を選ばないようにしないと明日の日本は暗いものになってしまう。今こそ重要な時期が訪れた。気を引き締めて改革意欲の無い議員を選ばないようにしよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/06 00:33
郵政民営化は国民の大半が賛成しているはずだ
給与も上がらず、増加する税金に腹立たしく思っている国民にとって、赤字運営で税金食いの郵政事業は大きな負担のはずだ。それを改革もせず、現状のまま進めようとする反対派議員達は国民の痛みを分かっていない。そんな反対派議員達は、自民党・民主党を問わずに次の選挙では落選してもらい、改革意欲のある議員に当選してもらおう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/06 00:13
快適生活を求めて
快適生活を求めて 食事を作る時、食材はより新鮮なものが望まれます。一番良いのは、使う分だけ、収穫してきて使う方法です。それは自家栽培。近くに、そういった方法に利用できる土地の提供があれば、それは素晴らしい。しかし、なかなかそうは行きません。どうにかベランダでとか、いろいろ挑戦しますが思うようにはいきません。そんな時、みんなに望まれるものは何なのか?快適に栽培が行えるためにはどんなものが欲しられているのかなどについて記載した本が出ました。一度読んで商売の種にしてはいかが。本の名前は「快適生活を求めて」豊崗仁平著 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/03 10:30
快適生活
快適生活 人間は何を求めて頑張ってきたのか? 幼い頃の夢の実現のため?楽しい事を追い求めて?今日より明日と、より快適な生活の実現のため? でも、世の中が狂って来て、思うように行かない日々。 こんな時に、もう一度、じっくりと自分の生活を振り返って、どうあるのが自分にとって快適な生活なのかを考えて見るのも、人生をより良い方向に導くきっかけになるのでは。 参考になる本は「快適生活を求めて」豊崗仁平著 新風舎版です。生活を変えて行くきっかけにしては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/01 14:24
「快適生活を求めて」について
「快適生活を求めて」について 政治家の方へ。デフレから抜け切れないで、混沌としている世の中。何かが狂いだした世の中。それは、変化を見過ごしていたために、起きてしまったのでしょう。しかし、折角作った年金システムも今やアナだらけ。このまま行くと日本も貧富の差が激しい世の中に。かつてユートピアを日本に見たと言わしめたのに。今はその影も無くなりつつあります。どうすべきかは、それは「快適生活を求めて」豊岡仁平著 新風舎版を読めば、ヒントが出ています。是非読んでみては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/31 10:43
快適生活を求めて
快適生活を求めて 21世紀に入って、社会のシステムは変わり始めた。経済環境の変化、地球温暖化、犯罪の増加、テロの出現など私たちの暮らしは混迷の中にある。かつて中産階級が大半を占めた社会も一握りの金持ち層と多くの低所得層に分かれつつある。 そんな中、今後平和に、皆がそれなりの幸せと継続的な安定性を維持していけるような社会システムに作り変えて行けるかが、大きな課題として提示されている。  このような問題を考える時、過去に戻って、人類は何を目指して文明を発展させてきたかを考えれば、自ずとその回答は見えてくる。その... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/27 10:43
快適生活!
快適生活!  21世紀に入って、何かと騒がしく、不安定であくせくした毎日だからこそ、この辺でちょっとこれまでの人間が生きてきた道を振り返って、未来を見つめなおしてみてはどうでしょう。何か進むべき道が見えてきそうな気がします。  例えば、「人類は何を求めて文明を発展させてきたのか?」と言った疑問。「毎日の生活は快適なのか?」と言った疑問に対する答えと対処方法が分かるような、気がします。  それは日常生活の一つ一つに、ちょっとした出来事の中に、潜んでいて、明日の快適な生活を実現させるヒントとなるかも・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/23 12:25

月別リンク

kaiteki-seikatu/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる